ドコモショップの混雑に驚いた話

先週の土曜日、街がめちゃくちゃ混雑していました。
私は、ドコモショップに用事があったので夕方過ぎにショップまで歩いて行きました。
そこで、びっくりした現実に直面しました。
それは、なんとドコモショップの混雑具合です。
最近はいつも携帯電話ショップが混んでいるというのは認識としてあったのですが、今日の混み具合は半端なものではありませんでした。
ショップの中にはあふれ返るほどの人が詰めかけていて、お店の中には「現在90分待ち」という張り紙がしてあったほどです。
さすがに90分も待って対応してもらうほどの時間的余裕はなく、しかたなくそのままショップを出てきてしまいました。
次は平日の、比較的空いていそうな日に行ってみようと思います。

動いても動かなくても

サラリーマンの最大の関心は異動にある。
まあ、自分の今後の会社人生を決定づけかねない行事であり、職場で1日の3分の1以上を過ごす以上、机を並べる上司同僚部下が気の合う人間か、少なくとも対立項にある人間でないかはとても大切だ
初めて異動を告げられる立場から告げる立場に替わり、といっても現場に立ち会って「頑張ってね」というだけのことなんだけど、自分と直接関係ない話なのにちょいと緊張したのは、やっぱり自分より年少の人間たちの人生を変える(かもしれない)場面を前にして、彼ら彼女らがどう感じるかを斟酌するせいだろう。
私自身はあまりに意外な異動ばかりを経験してきたせいで、そうは動じなくなった、つもりだったけど、ちょうど1年前のそれはさすがに考えさせられた。

立ち食いうどん大好き

きのう、久しぶりに立ち食いうどんを食べました。

味覚がB級だからかもしれませんが、いまでも、一番美味しいうどんは立ち食いでしか食べられないと信じていますw

よく食べるのはスタミナうどんですね。地域によっては「天玉うどん」といわれるものです。仕事が外回りだったときからの習性で、お腹もちがよくて、さっさと食べられるのがいいんです。入っている具は「かきあげ」と「生卵」です。

「ハイお待ち」と出てきたどんぶりを手にするとまず、たっぷり七味をかけます。一緒に食べる人がいたときは、必ずびっくりしていましたね。かきあげが真っ赤になるほどかけてましたからw

そして、卵とかき揚げをぐしゃぐしゃに潰します。それから麺をすすり、あっという間に食べ切ります。

ほんと、美味しいです。ちなみにおつゆはすべて飲み干すタイプです。七味も全部体の中に入りますので、食べたあとはドッと汗が吹き出します。だからハンカチは手放せません。冬も夏も同じです。

向き不向き

向き不向き、という言葉ですぐに思い出すのは、「営業」という仕事への根拠無き偏見です。

よく耳にするのは「営業するくらいだったら職場辞める」ということばです。

なんだか営業って、極悪非道な感じですね。はたしてそこまでいわれるほど営業ってとんでもない仕事なんでしょうか?

私はそうは思いません。逆に、とても楽しい仕事だと思います。

特に内向的な人や人間関係づくりが下手だと自覚している人に限って、営業という仕事を避けがちです。実はこれは逆なんですね。

そういう人ほど営業の仕事についたほうがいいと感じます。内勤の場合、それこそ会社での人間関係のストレスに日々晒されますよ。

外に出る機会が多い営業の方が絶対に人間関係のストレスは少なくなります。

虫歯と歯周病

私は口腔内の手入れを入念にしているつもりなのだけど、もともと歯並びが悪いので、どうしても手入れが行き届かない歯と歯のいびつな隙間があります。
今のところ、虫歯や歯周病には至っていないけれど、定期的に歯科医院を訪れてプラークコントロールをしてもらっています。
歯の隙間にプラーク(歯石)がたまると、そこに虫歯や歯周病の細菌がいっぱい巣食うことになりますから、要注意ですね。
歯はいったん虫歯にやられると、その部分は修復できません。
さらに放置すると、穴があいて、やがて歯の奥の神経に触れて激痛を伴います。
歯周病の場合は、歯茎が細菌にやられて、歯を支える力を失っていきます。
口腔内の二大疾患と言われる虫歯や歯周病にかからないためには、予防がとても大切ですね。